暮らしを支える

建築工作物の解体工事

建築工作物の解体工事

解体工事は、現場の状況により様々です。適切に解体工事を行うポイントは、解体前の厳密な事前調査と廃棄物処理です。アスベスト含有建材が使われている場合や、PCB、水銀などの有害物質が含まれたものが知らずに放置されている場合もあります。当社では公的資格(特定建築物石綿含有建材調査者3名/アスベスト診断士1名)を持ったアスベスト含有建材調査者や、様々な経験を持つスタッフを揃え安全と適正処理の厳守でお客様に安心してお任せいただけるよう対応致します。

  • 警察本部旧自動車整備工場解体工事①

  • 警察本部旧自動車整備工場解体工事②

解体工事の流れ

株式会社東北ターボ工業では、リサイクルを踏まえた環境にやさしい解体工事を行なっています。また、安全に解体工事を行うために、職人の高度な技術と豊富な経験が必要なのはもちろんのこと、隣接する建物にも注意を払い、近隣の住民の方々への配慮も重要であるといえます。建築物等を事前に調査し解体方法を考え、それに基づき解体工事の作業工程の内容を検討し、手作業及び機械作業を併用して、分別しながら工事を行います。当社では木造、鉄骨造、コンクリート造、および店舗マンションなどの内装解体、ブロック壁撤去などを行っております。昨今、建築・土木工事現場における解体作業にも大きな注目が集まっています。迅速・丁寧・低料金をモットーに、環境にやさしい解体を目指しています。大小は問いません。何でもお気軽にご相談下さい。

※解体工事やその過程で発生する産業廃棄物を処理するには、各自治体への届け出(「建設リサイクル法による解体工事届出」、「道路使用許可申請」、「道路工事届」、「道路占用許可申請」等が必要になります。
当社ではお客様のご要望に基づき、代行して届出書の作成を行います。お申し込み、または見積もりの際に、お申し出下さい。

  • 分別作業

  • 倉庫解体工事

お問い合わせ、ご相談(見積無料)はこちら