グリストラップ清掃

「グリストラップ」とは、厨房からのゴミや油脂を含んだ排水を、そのまま流さず、分離・収集する槽のことです。飲食店等、全ての厨房その他の調理場には、グリストラップの設置が義務付けられています。(建築省告示第1597号)株式会社東北ターボ工業では、盛岡、北上、八幡平、雫石、滝沢、花巻エリアの飲食店などにあるグリストラップの清掃、清掃時に回収した油泥、残渣(産業廃棄物)の処理まで、一括して行います。グリストラップ清掃を怠ると、不衛生で雑菌が繁殖し、ネズミやゴキブリなどが棲みついたり、何となくドブ臭いような悪臭が漂うようになることもありますので、定期的な清掃が必要です。 また、お店同士が隣接している、車両を止める道路が目の前にない等、難しい場所でも対応できる技術と設備を有していますので、気軽にご相談ください。

グリストラップ清掃の流れ

  • STEP.01
    事前調査

    グリストラップに堆積した油脂を確認。

    事前調査
  • STEP.02
    バキューム清掃

    堆積した油脂をバキューム専用車で吸引。

    バキューム清掃
  • STEP.03
    汚泥の洗浄

    バキューム専用車では落とせない壁に付着した目立つ汚泥を洗浄。

    汚泥の洗浄
  • STEP.04
    細部を洗浄

    ブラシなどでは届かない細かい部分を綺麗に洗浄します。

    細部を洗浄

※産業廃棄物処理法では、グリストラップ清掃時に発生する廃棄物は、「廃油」や「汚泥」に該当し、事業活動から排出されたものである場合、産業廃棄物となり、一般廃棄物とは異なる処理が必要となります。 ※日本阻集器工業会では,油脂分を分解する酵素等を利用する方法やばっ気装置等の追加設置は,本来の性能を十分発揮できない等の理由で禁止しています。 ※盛岡市のグリストラップに対する方針はこちらをご一読ください。